横浜国立大学 経営学部

【たくと】第12章ファシリ振り返り

山岡ゼミナール - 横浜国立大学 経営学部

こんにちは!16期のたくとです。

春学期のゼミもあっという間に終わりが近づいてきた中で、輪読本第12章「組織におけるチーム」のファシリを担当しました!

ファシリとして目標としていたことは以下の三つになります。

・輪読本の内容について「思考」と「実践」を両立する。

・これまでの輪読本での学びを活かしてもらう。

・参加する皆に楽しんでもらう。

以上の目標を達成するために即興ディベート形式でのGDを行うという流れにしました。

では早速頂いたFBを見ていきたいと思います。

〈GOOD〉

・チーム分けのアイスブレイクなど含め明るい雰囲気を作れていた(2秋からの成長を感じた)。

・ディベートや内集団びいきの検証を行うなどして、思考と実践の両立を達成できていた。

・GDの説明を簡潔にスムーズに行えていた。

〈MORE〉

・ディベートの内容が12章の内容と乖離しているように感じた。

・12章振り返りの時間の意図がわかりにくく有効に使えていなかった。

・GD②のチーム毎の発表に対してもう少し深堀りが欲しかった。

 

まとめると、構成面(ディベートを取り入れたことなど)のGOODが多い印象で、また、明るく楽しくできたというGOODも頂けました。

MOREとしては12章の内容との乖離や意図がわかりにくい時間があったなどが多かったです。

 

以上を踏まえ、次回のファシリで大切にしたいこととしては、「できるだけ参加者目線で考える」ことです。今回も自分なりに考えたつもりでしたが、まだまだでした。特にファシリの意図や目的をしっかり伝えるようにしたいと思います。また、明るく楽しくというのも引き続き意識していきたいです!(意識しないとつい暗くなってしまう)

次回(3秋)のファシリまでにさらに成長できるよう、引き続き頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です